Xファクターのアンソニー・ラッセル、11年前の最初のオーディションで披露した曲と同じ曲を歌う



どの映画を見るべきですか?
 

28歳の彼はボビー・ダーリンの名作『Beyond the Sea』を自分のバージョンで再演し、審査員を驚かせた



2017 年と 2007 年のアンソニー ラッセル

アンソニー・ラッセルはその機会を利用した ビッグバンドウィーク ボビー・ダーリンの「ビヨンド・ザ・シー」の演奏を再演するためだ。この曲は、2007年に彼がまだ17歳だったとき、Xファクターのオーディションを受けたときにサイモン・コーウェルのために初めて披露した曲だ。



昨年ジャッジズハウスを辞退した後、コンテストに復帰したラッセルは、パフォーマンス前のVTで最初のオーディションを振り返っているのが映っており、その後コーウェルは歌のレッスンを受けることを提案した。



しかし、ラッセルが 1945 年に初めてリリースされた古典のバージョンで審査員に感銘を与えたため、今回の反応ははるかに良かったです。



ロビン ジョーカーになる

「11年前、歌のレッスンを受けなさい、そうすれば人生が変わると言ったのを覚えています。だから、私はある意味正しかったのです」とコーウェルが語ると、Xファクターのライブ観客からはブーイングの大合唱が起きた。



「私は親切にしていたよ」と彼は冗談を言い、こう付け加えた。「何が素晴らしかったかというと、ビッグバンドの曲を歌い、それをうまくやって信じられる存在になるのに必要な、あの卑劣な自信を持っていたことだ。」



「人々はあなたをとても気に入っているので、決勝に進むチャンスがあると思います。」



このパフォーマンスはコーウェルの他の審査員からも同様に好評で、アイダ・ウィリアムズはラッセルを新たな「お気に入りのスカウスクルーナー」と評価した。



そして、ラッセルの指導者であるルイ・トムリンソンは、ラッセルにこう告げた後、ステージに飛び上がって出場者を抱きしめた。あなたは戦闘機なのよ。』