葬儀や追悼式には何を着るべきですか?

葬儀や追悼式には何を着るべきですか?

追悼式は追悼と敬意を表する集まりの時であり、何を着るかわからないことも珍しくありません。ほとんどの人は伝統を守り、暗い​​色で保守的に服を着ますが、現代の服装規定は、その機会を尊重しながら変化しています。必然的にスタイルや季節が崩れる葬儀の衣装を購入するのではなく、通常、既存のワードローブから何かを組み合わせることが可能です。いくつかの一般的なガイドラインに従うことにより、あなたはすぐに適切で快適な服を見つけるでしょう。

葬儀の参加者のための伝統的なドレスコード

伝統的な葬儀服

葬儀は、ほとんどの場合、被相続人が亡くなった直後、家族がまだ彼らの喪失から解放されているときに行われます。あなたの服装は家族や伝統への配慮と敬意を反映しているべきなので、保守的でフォーマルな面を保ちましょう。特にわからない限り、大きなパターンや気を散らすアンサンブルは避けてください。黒は、特に故人の肉親にとって、普遍的な選択の色です。ネイビー、チャコール、ディープアースカラーなどの暗い色も、落ち着いたパターンと同様に適切な選択です。

男性の葬儀服はすべきこととすべきでないこと

しかし gradyreese /ゲッティイメージズ

葬儀の服装は、プロの就職の面接で着る服装と似ていると考えてください。それは、襟付きのシャツと控えめなネクタイを備えたダークスーツを意味します。ダークジャケットとスラックスの組み合わせも可能で、ネクタイとベルトで見た目を完成させます。あまりフォーマルでないイベントに参加する場合は、きちんと押されていれば、ネクタイなしの長袖の襟付きシャツを着てもかまいません。快適でダークなドレスシューズが標準装備されています。運動靴はそうではありません。ジーンズ、半袖シャツ、野球帽もほとんどの場合適切ではありません。

女性の葬儀服のガイドライン

女性のための葬儀の服装

女性は控えめなスカートやパンツスーツに敬意を払うことができますが、ビジネスカジュアルはあまりフォーマルでない場合の選択肢です。ニュートラルな色調のスラックスやスカートと控えめなブラウスを組み合わせてください。膝丈のダークドレスまたはブラックドレスも適切です。教会やその他の宗教施設にいる場合は、必ず肩を覆うようにしてください。派手な服を避け、よりお祝いの機会のためにローカットのネックラインとフリンジを保存し、快適な靴を履いてください。かかとは墓地で草に引っかかる可能性があるので、家に置いておくか、その日のその部分のためにドレッシーなフラットのペアを持ってきてください。

女性のための季節のオプション

寒い季節にスマートに着こなしてください ビジュアルスペース/ゲッティイメージズ

夏の間は、屋外サービス中に涼しく保つために、ゆったりとした綿とリネンを選択してください。ショートパンツは着用しないでください。裾が高すぎる可能性があるので、クロップドパンツまたはフラットまたはローウェッジと組み合わせたロングスカートを選択してください。カジュアルなサンダルやビーチサンダルは決して適切ではありません。寒い季節には、控えめなブレザーまたは素敵なセーターを選んで暖かく保ちましょう。

オフシーズンのメンズワードローブ

葬式で天気を考える

天候が寒い場合は、フード付きのスウェットシャツやグラフィックのセーターは避けてください。暖かく保つために暗いジャケットまたはセーターを見つけ、頭を覆うためにフェドーラ帽またはキャスケット帽を見つけてください。ダークビーニーまたはブラックビーニーは許容されますが、髪型が平らになる場合があります。雨の中でブーツまたは滑り止めの靴を履いてください。ただし、暗い靴下と組み合わせる場合は、暗いスニーカーでもかまいません。夏の暑い時期には、ポロシャツや素敵なシャツにスポーツコートを着せましょう。

旅行のための服装のヒント

しわのない状態を保つようにしてください izusek /ゲッティイメージズ

葬儀に行く場合は、荷物と快適さ、およびドレスコードを考慮してください。街に車で行く場合は、ハンガーに身を包み、式典の直前に着替えて、しわを避けます。変更できない場合は、ブレザーだけを吊るしてサクサクさせてください。飛行機でお越しの方は、安全にプレイし、ビジネスカジュアルな服装で、チェックインプロセスをスピードアップするためのローファーまたはスリッポンフラットをご用意ください。

人生のお祝いのためのドレッシング

疑わしいときは、よく服を着てください wundervisuals /ゲッティイメージズ

人生の儀式のお祝いは、追悼式よりも厳しくないです。これらのイベントは葬式よりも現代的なカジュアルなものであることがよくありますが、主催者がフォーマルな服装を要求することも珍しくありません。家族は、出席者に被相続人の好きな色やテーマを着せるように要求することさえあります。その場合、明るい色やパターンが受け入れられる可能性があります。服装は依然として敬意を表する態度を反映している必要があるため、裾や生地の選択に寛大にならないでください。疑わしい場合は、ドレスアップして控えめにドレスアップしてください。よくわからない場合は、通常、服を着るよりも服を着る方が良いでしょう。

葬儀以外の追加サービス

ウェイクまたはシヴァ

ウェイクやシヴァなどの宗教的なサービスは、親しい家族や友人のために予約された厳粛な機会です。それらが礼拝所であろうと愛する人の家であろうと、葬式の伝統的な服装規定は依然として適用されます。頭からつま先までフォーマルな着こなしを間違えることは決してありません。カジュアルな服装や汚れた靴は避け、タンクトップ、スパゲッティストラップ、きつすぎる服には近づかないでください。

屋外での追悼式

アウトドアサービスにぴったりの服装 ライトガード/ゲッティイメージズ

ビーチサンダル、サンダル、スニーカーは、屋外サービスに参加しているという理由だけでは受け入れられません。泥だらけの場所に行く場合は、滑り止めの靴底を備えた快適なウォーキングシューズを選択し、清潔でダークなジーンズを自由に着用してください。また、目を保護するためにサングラスやつばの広い帽子を持参することを忘れないでください。ただし、野球帽の着用は避けてください。水や雪に反射する太陽は日焼けを引き起こす可能性があるため、季節に関係なく常に日焼け止めを詰めてください。

追加のヒントと注意

派手なアクセサリーは避けてください

あなたの服をまとめるときはジュエリーの選択に注意してください。小さな礼拝堂や暗い会話の間に気を散らす可能性のある騒々しいチャームブレスレットやネックレスは避けてください。葬儀は、故人から贈られた感傷的な作品を選択しない限り、派手なアクセサリーを展示する場所ではありません。雨や明るい太陽が予想される場合は、暗い傘または黒い傘を持参してください。