Strictly Come Dancing 2022 のラインナップに James Bye が決定



どの映画を見るべきですか?
 

James Bye は Strictly Come Dancing 2022 のラインナップに加わった最新の有名人であり、EastEnders のスターは、石鹸の他のボールルームのサクセス ストーリーに応えたいと言っています。



この俳優は、BBC の長時間連続メロドラマでマーティン ファウラーを演じたことで視聴者に最もよく知られるようになり、昨年の Strictly チャンピオンである Rose Ayling-Ellis と共演しました。



James Bye は次のように述べています。



「埋めなければならない巨大なダンスシューズがいくつかあり、イーストエンダーズの素晴らしい才能の足跡をたどることは本当にエキサイティングです.みんなに自慢したいです。



参加する最新の有名人について知っておくべきことはすべてここにあります ストリクトリー・カム・ダンシング .



ジェームズ・バイとは?

年: 38



サラ ビッカース

仕事: 俳優



インスタグラム: @ジミーバイ



ツイッター: @ジミーバイ

イギリスのベイジングストーク出身のジェームズ・バイは、ビル、セメタリー・ジャンクション、ジェイソン・ステイサムのアクション映画「ハミングバード」などでスクリーンのキャリアをスタートさせました。

しかし、彼は BBC メロドラマ EastEnders のキャストに参加した後、2014 年にマーティン ファウラー (ジェームズ アレクサンドルーとジョン ペイトン プライスが以前に演じたキャラクター) の役割を引き継いだ後、全国的な注目を集めました。

キャストに参加して以来、彼は 2 つのブリティッシュ ソープ アワードの最優秀男優賞とベスト オンスクリーン パートナーシップ (レイシー ターナーとの) を争う一方で、2016 年の Children in Need にもゲスト出演しました。

Bye の他のプロジェクトには、ドラマ シリーズ The Great Train Robbery とコメディ映画 The Hooligan Factory が含まれますが、彼は劇場でのバックグラウンドも持っています。

ディズニープラス キャストアイコン 出ない

James Bye は Strictly 2022 に参加することについて何を言っていますか?

ByeのStrictlyへの関与のニュースが報じられたとき、彼は次のように述べました インスタグラム : 「これを秘密にするのはとても難しかったですが、今年の Strictly で私がボールルームの周りをぶち壊すことになることを最終的に明らかにすることができて、とても安堵しています」と彼は始めました.

「このような素晴らしいショーと信じられないほどの人々のグループに参加できることをとても光栄に思います。始めるのが待ちきれません!いくつかの大きな靴を埋める必要がありますが、うまくいけば、誇りを持ってウォルフォードに戻って家族を迎えることができます。幸運を祈ります!

特別なことをお見逃しなく。ニュースレターを受信トレイに直接送信します。

サインアップして、エンターテインメントの世界から最新かつ最高のものを受け取ります

メールアドレス サインアップ

あなたの詳細を入力することにより、あなたは私たちに同意したことになります 規約と条件プライバシーポリシー .いつでも退会できます。

Strictly Come Dancing 2022 はいつ始まりますか?

Strictly Come Dancing は、第 20 シーズンの初演日をまだ確認していませんが、ショーは通常 9 月下旬に開始されるため、今回はそうなる可能性が非常に高くなります。

ヒット コンペティション シリーズは、COVID-19 のパンデミックにより、2020 年の大会からの脱却を余儀なくされ、10 月下旬に少数の参加者でスタートすることになりました。

ただし、Strictlyは昨年通常の場所に戻り、2022年にも同じことを行う予定で、以下を含む有名人の完全な名簿が参加しています フルールイーストウィル・メラーエリー・テイラー .

Strictly Come Dancing は、今年後半に BBC One に戻ってきます。エンターテイメントの報道の詳細をチェックするか、TV ガイドにアクセスして今夜の番組をご覧ください。

ワイルド スピード 年代 順

雑誌の最新号は現在発売中です。今すぐ購読して、次の 12 号をわずか 1 ポンドで入手してください。 TV の最大のスターの詳細については、Jane Garvey のポッドキャストをお聞きください。