人々はチャンネル 4 のセックス ロボットのドキュメンタリーに本当にびっくりしました



どの映画を見るべきですか?
 

私たちは市販のセックスロボットが現実になる寸前にいますが、それは良いアイデアでしょうか?視聴者は納得しなかった





Channel 4の『The Sex Robots Are Coming』は確かに物議を醸した。ハーモニーという名前の 11,700 ポンドの未来的なロボットが率いるこのドキュメンタリーは、世界初の市販セックス ロボットの開発を目指して発明家たちが競う姿を映し、かつては SF の世界だったものを私たちに紹介しました。



「セックスボット」は、話し、学習し、飼い主の声に反応するように設計されています。





クリエイティブ ホラー マップ
    セックスロボットがやってくる – 心配すべきでしょうか?
  • SF は現実の科学の方向性を形作ってきました。では、現実がフィクションに追いつきつつある今、何が起こっているのでしょうか?

しかし、視聴者は11,700ポンドを引き出すために銀行に駆け込むどころか、代わりにツイッターに駆け込んで懸念を共有した。これはちょっと…不安ではありませんか?不気味?そして率直に言って嫌ですか?



•警告 - 露骨なコンテンツと言語 •



それでは、セックスロボットの台頭は、人間、特に女性に対する根本的な敬意の欠如の表れなのでしょうか?



gta5 改造コード

もちろん、これはセックスロボットに関する番組です。そのため、冗談がたくさんありました。



dying light 実績

そして、次のようなことがありました。



男性が本物をロボットと交換するのを見て腹を立てた人もいた...

そして、そのすべての知力とすべてのテクノロジーがこれに投入されたと思います。

しかし、一つだけ確かなことは、セックスロボットがやってくることで間違いなく会話が始まったということだ。これは本当に未来の姿でしょうか?そして私たちが望んでいる未来の姿なのでしょうか?