• メイン
  • ドラマ
  • ピーキー・ブラインダーズの監督、トミーのトラブルをからかう:「失うものは何もない」

ピーキー・ブラインダーズの監督、トミーのトラブルをからかう:「失うものは何もない」



どの映画を見るべきですか?
 

「失うものが何もない男、特にトミー・シェルビーのような男は、実に危険な男だ。」



BBC/Caryn Mandabach Productions Ltd/ロバート・ヴィグラスキー



『ピーキー ブラインダーズ』のアンソニー・バーン監督は、トミー・シェルビー(キリアン・マーフィー)にはシーズン6でも「失うものは何もない」とからかい、彼を「実に危険な男」にしている。



独占的に話す テレビのニュース 関して シリーズの進化 シーズンごとに、彼は「シーズン6はトミー・シェルビーの魂の闇を描いたキャラクター作品である」と明かした。 これまでのシーズンの完全なネタバレを予定しています



「このシーズンに浸透している悲しみと追悼という明らかな問題がある」とバーン氏は指摘した。 「特にポリーの死とヘレン・マクロリーの死に関して。しかし、その後、脚本に常に含まれていたルビーの死が発生したため、二重の打撃になります。



シーズンの中間点に達した今、あなたは彼を本当に打ちのめしてしまったような気がします...エピソード3[の後]、私は人々からたくさんのフィードバックを受け取りました、ただ、参加していない友人からのテキストだけでした「ああ、これは終わりだ、これは終わりの始まりだ。今、彼はクソを失うことになるだろう、基本的に。」



彼は続けて、「私は何が起こるか明らかに知っていますが、彼らは知りません。でも、あなたは「ああ、今は本当に予測不可能だ。だってトミー・シェルビーには失うものは何もないんだから」と思うだろう。



「そして、ご存知のとおり、失うものが何もない人、特に彼のような人は、実に危険な男です。したがって、それが今後 3 つのエピソードで起こることの大きな部分を占めるのは間違いないと思います。」



ピーキーブラインダーズ 今夜(3月20日日曜日)午後9時からBBC Oneで続きます。

他に見るものをお探しですか?最新ニュースについては、TV ガイドをチェックするか、専用のドラマ ハブにアクセスしてください。

の最新号は現在発売中です。今すぐ購読して各号をご自宅にお届けします。テレビ界の大スターの出演情報については、l ジェーン・ガーベイのラジオ・タイムズのポッドキャストを聞いてください。