• メイン
  • ドラマ
  • 『ハンドメイズ・テイル』はハリウッドの主要なカメオ出演を視聴者に秘密にしていた

『ハンドメイズ・テイル』はハリウッドの主要なカメオ出演を視聴者に秘密にしていた



どの映画を見るべきですか?
 

この記事にはハンドメイズ・テイル第11話のネタバレが含まれています



エリザベス・モス『侍女』

チャンネル4



**警告: ハンドメイズ・テイル シリーズ 2 エピソード 11 のネタバレが含まれています**

侍女の物語 は、アメリカで最も愛され、インスピレーションを与えた人物の一人であるオプラ・ウィンフリーに、ジューンを行動に駆り立てる極めて重要な声のカメオ出演を依頼した。



米国で水曜日に放送された第11話「ホリー」では、ジューン(エリザベス・モス)がギリアドからきっぱりと逃げるために車を探している。



彼女が車を見つけ、車で逃げるかどうか議論していると、カーラジオがパチパチと音を立てて鳴り響き、ウィンフリーの紛れもない声が電波から聞こえてきて、ギリアドに対する経済制裁や政権から逃れてきた人々の難民受け入れ増加に関するニュースが流れてきた。



もし誰かが抑圧的なギリアドから逃れ、カナダに逃げてレジスタンス活動を助けることができたとしたら、それはもちろんウィンフリーだろう。



エミリーパリへ行く ミンディ

ブルース・スプリングスティーンの「ハングリー・ハート」が流れ始め、残酷な世界におけるジューンの愛と愛情の必要性を象徴し、ウィンフリーはこう続けた。「さあ、聞いている人全員に、アメリカの愛国者でも、ギリアドの裏切り者でも、私たちがまだここにいるということを思い出させる曲だ。」星条旗は永遠に、ベイビー」



この一片の希望がジューンに脱出を試みさせるきっかけとなり、エピソードの重要な瞬間となる。



ウィンフリーは昨年シリーズが始まって以来、同シリーズの熱烈なファンであり、2017年には『ハンドメイズ・テイル』をエミー賞ドラマシリーズ賞にノミネートした。

「オプラがこの番組のファンだと聞いていて、ストーリーのアイデアを持っていて、もしできたら素敵ではないかと考えました...それで私たちが尋ねたところ、彼女はイエスと答えました。そして、それは素敵で簡単なプロセスでした。」 『ハンドメイズ・テイル』のショーランナー、ブルース・ミラー氏はこう語った。 ハリウッド・レポーター

「彼女が録音したラジオ部分は、第二次世界大戦中の連合国の無料ラジオからインスピレーションを得たものです。オプラがこの番組に出演するのは本当に光栄でしたし、昨年私たちにエミー賞を贈ったのは彼女だったので特に感激しました。」

『ハンドメイズ・テイル』はチャンネル 4 で日曜日午後 9 時に放送されます