• メイン
  • ニュース
  • ドクター・フー、恐ろしい新エピソード「オーファン55」で「恐ろしい」新モンスター登場を約束

ドクター・フー、恐ろしい新エピソード「オーファン55」で「恐ろしい」新モンスター登場を約束



どの映画を見るべきですか?
 

「イット・テイク・ユー・アウェイ」の脚本家エド・ヒメがシリーズ12、エピソード3を担当



1 月 12 日の日曜日の恐怖に備えてください。 ドクター・フー は、これまでで最も恐ろしいエピソードの1つを公開する予定です。



ジョディ・ウィテカー監督の第2シリーズの第3話は、2018年の『イット・テイク・ユー・アウェイ』の脚本を務めたエド・ヒメによる『オーファン55』で、キャスト兼ショーランナーのクリス・チブナルによれば、この番組で最も恐ろしいモンスターの一つにランクされる怪物が登場するという。



「エド・ヒメが『オーファン55』というタイトルのエピソード3を書いたんですが、その中には恐ろしいモンスターが何人か出てきます!」チボール氏が明らかにした。 「彼らは撮影現場にいた。彼らは本物のモンスターだ。」



「そのうちの1つを見たとき、実際に本当に怖かったです。レンガを積みました、ちゃんとレンガを積みました!」ウィテカー氏は認めた。 :リハーサル中、彼は身長6フィート7インチくらいで、スーツを着て廊下を走ってきて、私は叫んでいました。」



仲間のライアンとグレアムを演じるトーシン・コールとブラッドリー・ウォルシュは、自分たちもこのぞっとするような作品の撮影シーンで「本当に怖かった」と明かした。



「名前を付けてはいけないモンスターがいます…あなたは私の反応を見るでしょう、それが壁を突き破り、私がジャンプするのを見るでしょう、そしてそのジャンプは最も正直なジャンプです」とコールは言いました。 「実は怖かったんです。こうなるだろうとは分かっていましたが、実際に起こったときは、あんなふうになるとは思っていませんでした。本当に怖かったです。その日はパンツを履き替えなければならなかったと思います!」



「エピソード3には、本当に素晴らしい瞬間があります…今では簡単に怖がることはなくなり、適切に適切にジャンプすることができました」とウォルシュも同意した。 「本当にそうなったんです。」



「オーファン 55」は、「まばたき」や「ミッドナイト」などと並んで、史上最も恐ろしいエピソードの 1 つとしてドクター・フーの歴史に残ることになるでしょうか?それが分かるまで、そう長くはかからない...

「すべての子供たちは、両親のためにソファの後ろの小さなスペースを用意して、両親がそこに隠れられるように準備する必要があると思います」とチブナルさんは言いました。 「それが『ドクター・フー』の美しいところであり、国全体に向けた恐ろしい就寝前の物語なのです。」

『ドクター・フー』は元旦の午後 6 時 55 分に BBC One に戻ります。新しいシリーズは「スパイフォール」というタイトルの 2 部構成で始まり、第 2 部は日曜日 5 日に放送されます。番目1月