造花で飾る

造花で飾る

造花はかつて、共有スペース、オフィス、そして家に同様に人気のある装飾的な選択肢でした。彼らはインテリアにいくつかのポップな色を加えましたが、生きている植物の魅力を受け入れたので、人々はそれらを道端に押し出しました。

しかし、近年、ソーシャルメディアは造花での装飾のしやすさに光を当てています。最新バージョンは、以前のバージョンをはるかに上回っています。それらは青々としていて生き生きとしていて、何よりも優れています。美しく見せるために、親指を立てる専門知識は必要ありません。

グランド セフト オート 5 ps3 チート

イージーケア

生きている植物よりも造花を選ぶ最も明白な理由は、それらがコミットメントや時間を必要としないが、それでもどんな空間にも質感と色を加えるということです。水やり、給餌、剪定、枯れ葉の黄変はありません。彼らが必要とするのは、時々少しの掃除やほこりを払うことだけです。

忙しいスケジュールを持っているが、緑に囲まれるのが好きな人にとって、造花は素晴らしい解決策です。デコレータは、背の高い木、シダ、小さな多肉植物、およびその他のオプションの長いリストから選択できます。

一流の素材を選ぶ

造花は、プラスチックからフォーム、さらには紙まで、さまざまな素材で入手できます。シルク、コットン、ポリエステル、レーヨンの構造もあります。ファブリックバージョンは美しくリアルに見えますが、時間の経過とともにエッジの周りでほつれ、日光にさらされると色あせする傾向があります。

新世代のプラスチックプラントは、本物そっくりで耐久性があります。自然に見える幹と茎を持つ葉のグラデーションや葉脈のパターンなど、詳細を探します。一部の植物には、葉に小さな穴や裂け目があり、生き物のニブルをシミュレートしています。その他、ポリウレタンフォーム製で、触ると本物の感触があります。

配置が重要です

完璧な造花を見つけたら、次のステップはそれを適切な場所に配置することです。加工した緑を窓の近く、窓辺、または実際の植物に混ぜて設置すると、装飾に興味と色が加わり、人工的なバージョンの錯覚が高まります。人工の生け垣パネルでむき出しの壁やパティオを明るくします。調整可能で、設置が簡単で、緑豊かな正方形です。さまざまな種類の植物、テクスチャ、緑の色合いで利用できます。

スタイリッシュな鉢や容器に植えてください

多くの造花は、つやのない鉢とプラスチックの汚れで提供されますが、自分のスタイルや好みに合ったきれいなプランターに植え替えることができないという規則はありません。錯覚を高めるために本物の培養土を追加します。コケ、岩、その他の自然の要素は、物事をさらにワンランク上に上げます。

プランターの選択に関しては、既成概念にとらわれずに考えてください。鳥かご、ティーポット、壷、バケツ、金属製の箱、籐のかごは、人工の緑のためのユニークな家になります。

厄介なエリアの素晴らしいカモフラージュです

あなたの装飾スキルを困惑させる領域がありますか?大量のコード、ケーブル、プラグを隠すか、パイプやその他の必要だが見苦しい備品を人工樹木や大きな床の植物で覆います。造花は日光を必要としないため、本物には暗すぎる場所に最適です。

のどかな緑は、物事が混雑していると感じさせることなく、小さなスペースをドレスアップすることもできます。床面積が足りない場合は、代わりにカスケード式のぶら下がっているシダやギボウシを検討してください。

季節を問わず花輪

素敵なのどの緑の輪は理想的なスペースエンハンサーです。休日は花輪の人気のあるテーマですが、これらの装飾品は一年中インテリアデザインの一部にすることもできます。シダ、小枝、草、色とりどりの花のリアルな小枝がエントリーやポーチを引き立てるなど、クリエイティブなマーケットプレイスやハイエンドのホームサイトでさまざまなオプションを利用できます。お気に入りの植物種、花、その他の植物をさまざまな色やテクスチャで選択して独自の植物を作成できる工芸品店をチェックしてください。

緑をテーマにしたウォールアートがすべてです

ウォールガーデンとモジュラーウォールプランターは、インテリアスペースと屋外のリビングエリアにも自然な要素を追加します。本物の植物を人工植物と交換する人気が高まっているため、優れた偽物のあらゆるサイズ、形状、質感の装飾的な壁の庭や部屋の仕切りがたくさん見つかります。

最高のバージョンは見た目も手触りもリアルで、お手入れも簡単です。木、苦しめられた金属、または石に取り付けられた植物は、より素朴な外観をしています。現代的な装飾に興味がある場合は、ガラスまたは光沢のある金属を選択してください。

偽物の木は流さない

人工緑の世界は、品質と入手可能性に関しては途方もなく拡大しており、ゴージャスな樹木バージョンがトレンドの中に根付いています。本物のイチジク、オリーブ、イチジク、スギ、カエデの木に加えて、さまざまな果樹から選ぶこともできます。レモン、オレンジ、リンゴの木は、部屋を明るくする場合でも、パティオスペースを拡張する場合でも、気まぐれで楽しいものです。

好きなようにスタイリングしてください

造花や樹木の利点の1つは、茎が曲がる素材を使用していることが多く、空間を埋めるためにさまざまな方法で茎を形作ることができることです。一番下から始めて、枝を分離して毛羽立たせ、葉の形にニュアンスを加えながら、上に向かって進みます。

植物を組み合わせて、ユニークな屋内庭園を作りましょう。サボテンが好きな人は、同じ鍋に多肉植物を入れて、色と質感をさらに加えてみてください。

花柄をお試しください

お気に入りの花の花束で身を包み、花が消えて消えるのを心配する必要はありません。インテリアの色を際立たせるポップな色を生成します。ほとんどの造花は、よりリアルな外観を作成できるように、曲げることができる茎を持っています。

バラ、デイジー、ヒマワリなどの人気のあるお気に入りに加えて、ゴージャスな蘭、ゼラニウム、カラユリ、シャクヤク、アナナスを見つけることができます。