• メイン
  • 戴冠式通り
  • コロネーション・ストリート: フェランが新たな人質に - 「彼は最も危険な時期にある」とコナー・マッキンタイアは言う

コロネーション・ストリート: フェランが新たな人質に - 「彼は最も危険な時期にある」とコナー・マッキンタイアは言う



どの映画を見るべきですか?
 

パットは来週のコリーに復讐する



パット・フェランは来週のコロネーション・ストリートでの人質コレクションを追加し、多くの敵の一人に復讐する機会を利用します。



ウェザーフィールドでの将来が脅かされているため、不謹慎なフェランは断固とした行動をとりますが、その決定打に加わるのは誰でしょうか、ダニエル?ビニー?アンナ?そして娘のニコラも忘れてはいけません。ニコラは今、父親の暗い過去について厄介な質問をしています。



コリーのファンは、パットが心を痛め、捕らわれている人々の将来について最終決定を下すのを期待できるだろう。そして、すべては実際に非常に暗いものになるでしょう...フェランがこれまでで最も困難な週に直面しているときに私たちが何を期待できるかについて、俳優のコナー・マッキンタイアが次のように述べています。



では、そもそもなぜフェランはアンディに自由を約束することにしたのでしょうか?
自分自身を危険にさらさずにアンディをそこから連れ出すことができるなら、彼はそうするだろう。しかし今、彼はアンディを信頼できないことに気づき、「さて、どうすればいいだろう?」と考えています。



それで、彼は代わりの人質を見つける計画を実行するでしょうか?
フェランは、アンディがフェランに対して行ったことと同じくらいひどいことをしたら、アンディは警察に行くことはできないと考えています。したがって、それには一定のロジックがあります。プレッシャーが高まるにつれて、彼はニコラ、アンナ、ダニエル、そして彼が出会った他のすべての人々に目を向け始めます。なぜなら、フェランは自分に対する不当な扱いや怪我を決して忘れないからです。それでは、彼が暗く遠い過去から何人の人々のことを思い浮かべることができるか誰にもわかりません。しかし、代わりとなる可能性のある人材がたくさんいるのは確かです。



27_10_CORO_PHELAN_SOLS_02

今週はフェランが自分を不当に扱った者たちに復讐する週になるのだろうか?
はい、もし彼が後任を考えているなら、それは現時点では彼にとってスモーガスボードのようなものに違いありません。



フェランはいつも自分にとても自信を持っていますが、今回も捕まらないという自信はどの程度あるのでしょうか?
彼はプレッシャーを感じているが、それが最も危険なときだ。物事がすべて落ち着いているとき、私たちは彼が非常に温和であることがわかります。しかし、熱が高まると、彼はより決断力を持って行動し、実際、物事を非常に明確に見るようになります。



ufl サッカー

ニコラが彼の過去について尋ね始めたとき、彼は何を考えていますか?
ニコラはフェランの歴史をたどり始めているので、要するに、彼女はパットに対して、彼が自分自身について持っているものとは異なるイメージを提示し始めているのだ。そして、ナルシストと接するとき、それは常に非常に困難です。

27_10_CORO_NICOLA_PHELAN_02

フェランは人質について最終的な決断を下します。これは私たちがこれまで見たフェランの最も暗い側面でしょうか?
今のところ - しかし、彼はさらに暗くなる可能性がある、私はそれを確信しています。特定の一線を超えたら、それで終わりです。それで彼は暗くなることはできますか?はい、確かに。

彼の現在の行動に対する視聴者の反応はどうですか?
彼らは、そこに善良な男がいて、出てこようと奮闘していると本当に感じていると思うし、彼らは彼が角を曲がるのを応援していたのに、アンディは「ああ、もうダメだ!」というようなショックを受けました。その反応は非常に興味深いものでした。彼が方向転換する可能性を見出している。彼には救いの資質がある。それはいいことだが、現時点で燃えているのはコロネーション・ストリートの一部にすぎない。

悪者を演じるのはどれくらい楽しいですか?
贈り物。私は、この男に非常に並外れたキャラクターとして展開するためのあらゆる余地を与えた作家、ストーリーライナー、そしてケイト・オートに絶対の感謝を持っています。パット・フェランは間違いなくその中の一人なので、コリーの非常に著名な悪役のリストに名を連ねることを非常に誇りに思っています。

来週のコロネーション・ストリートのエピソードの 60 秒の概要を以下でご覧いただけます

最新のニュース、インタビュー、ネタバレについては、コロネーション ストリートの専用ページをご覧ください。