• メイン
  • ニュース
  • クリス・バリー、約束の地の後のレッド・ドワーフの将来について:「何かがあると思う…」

クリス・バリー、約束の地の後のレッド・ドワーフの将来について:「何かがあると思う…」



どの映画を見るべきですか?
 

リマー俳優は、4月の長編スペシャルの後にさらに続くことをほのめかしている。



レッド・ドワーフ: 約束の地 – リマー (クリス・バリー)、クライテン (ロバート・ルウェリン)

UKTV/ギャレス・ガトレル



レッドドワーフスペシャル 約束の地 SF ホームコメディとして 2 年以上の中断を経て、4 月にスクリーンに急上昇し、莫大な視聴率を獲得しました。しかし、その記録破りのエピソードを受けて、このシリーズの将来はどうなるのでしょうか?



と話す テレビのニュース 『約束の地』のDVDとブルーレイのリリースを宣伝するために、リマー俳優のクリス・バリーは、レッド・ドワーフの将来についてまだ「公式発表」はないが、「何か」が進行中であるかもしれないと明かした。



「正式な言葉はないと思いますが、彼(シリーズ脚本家兼監督のダグ・ネイラー)が私に言ったことから考えると…そうですね、本当に何を言えばいいのか分かりません。(ダグ・ネイラーと)話し合ったほうがいいと思います」 ] – でも、ええ、何かがあると思います…」とバリーは言いました。



同氏はさらに、「我々の側からの意志は確かにあり、噂によれば、プロセス全体においてより多くのことを行うことが重要である他の側からの意志もある」と付け加えた。でも具体的なことは何もないんです」



グランドナショナル 2019

4月に遡ると、ネイラーは『約束の地』の後に長編スペシャルを「もっとやりたい」と認めており、バリーもこれに同調した。 「たぶん、またスペシャルをやりたいと思うよ」と彼は言った。 「スペシャルをやるときは 3 分に相当しますが、シリーズをやるときは 6 分半に相当します。それでかなりの時間がかかります。



「現時点では撮影時間が短いほうが私には合っているので、そうですね、スペシャルのほうがいいと思います。そして、もっと探索できるように、もう一度素敵な長いストーリーを撮ることができます。」



レッド・ドワーフ: 約束の地

レッド・ドワーフ: 約束の地UKTV/ギャレス・ガトレル

『レッド・ドワーフ:約束の地』はデイブの番組の最新作で、最初の8シリーズがBBCで放送された後、2009年にシリーズを復活させた。

その未来は再び明るいように見えているが、バリーは、1999年のBBCの最後のシリーズからデイヴが『レッド・ドワーフ:バック・トゥ・アース』に初めて出演す​​るまでの間に、リマーを演じるのが最後になるのではないかと不安になった時期があったことを認めた。

「シリーズ8が終わった後、ダグが長編映画としてでも、またやりたいと思っていることはずっと分かっていました。つまり、長編映画を作るというのが今世紀初頭の大きなアイデアだったのです」と彼は回想した。 「しかし、あなたはレッド・ドワーフのオフィスと何らかの形でコミュニケーションを取り、『皆さん、これについてはもうすぐそこまで来ます、あれについてももうすぐそこまで来ます』と言うことは決してありませんでした。

「言っておきますが、2007年かそこらあたり、2006年か2007年あたりに着いたとき、私は心の中でこう思いました、『もうそんなに長い間ショーをやっていなかった、8年くらいか、そんなことは起こらないだろう』また'。しかし、なんと 2009 年に再び活動が始まりました。そして今は彼らがもっともっとやりたいと思う可能性がある段階にいると思うので、見てみましょう!
レッド・ドワーフ: 約束の地 DVDやブルーレイは、 今すぐ利用可能