• メイン
  • コメディ
  • アラン・パートリッジ氏とマルコム・タッカー氏、Brexitに関する議論で真っ向から対立

アラン・パートリッジ氏とマルコム・タッカー氏、Brexitに関する議論で真っ向から対立



どの映画を見るべきですか?
 

これは血色の悪い修羅場になるだろう



『ザ・シック・オブ・イット』マルコム・タッカー役のピーター・カパルディ

アラン・パートリッジが最後に討論したとき、彼はこう言った。 農家を怒らせ、20フィートの突然変異鶏を所有していると非難し、トラベル・タバーンに対する自身の立場を明確にした



現在、史上最高のコメディ作品の 2 つが、ノーフォークの DJ と政府広報局長マルコム・タッカーが離脱と残留の背後にある問題を徹底的に論じながら、Brexit に関する討論でもう一方と対決している。



悲しいことに、スティーブ・クーガンとピーター・カパルディはテレビスペシャルで演見台の後ろに立つことはありません(ただし、 それ 私たちはそれを見たいと思っています) が、その代わりにライターのアルマンド・イアヌッチが、次回のビッグイシュー号での討論を執筆しました。



「アランなら間違いなくEU離脱に投票していただろう」とスティーブ・クーガンは最近語った。 「選択肢があればハード・ブレグジットだ。デイリー・メール紙が彼にそうするように言ったから、彼はEU離脱派だ。」



ビッグイシューの編集者ポール・マクナミーは、討論会で記者と一緒に仕事をするのは「信じられないほどのスリル」だったと語った。



ヤマウズラはあまりフルーツ言葉のファンではないので、タッカーによる四字熟語の暴言に彼がどのように反応するか楽しみです。